仮想通貨のマイニングは儲かる?!収益を計算してみた

2017年はマイニングブームです。グラフィックボードはどこも品薄で価格も高騰しています。でもPCのパワーをお金に換えるなんてうまい話は本当なのでしょうか?

マイニングは儲かるのか、実際に2週間やってみました。自作マシンだけでなくさくらVPSでも試しましたよ!

  1. 検証用の環境
  2. 選んだコイン
  3. 2週間掘った結果
  4. さくらのVPSでマイニングしてみた
  5. VPSでマイニングをする3つのメリット
  6. クラウドマイニングを試してみた
  7. クラウドマイニングの収益は?
  8. まとめ

Google+ はてブ

検証用の環境

マイニングに使ったのはマイニングリグを自作してみた(組み立ての注意点)で作ったマイニング用マシンです。グラボを5台搭載しています。

GPUはGeForce GTX1050が1枚と1050tiが4枚。ソフトはGUIで操作が簡単なMinerGateを使いました。

選んだコイン

今回掘ったコインはBytecoinです。2012年7月4日に生まれた匿名性の高い通貨で、承認時間が120秒と素早く送金できます。 以下、簡単な説明です。

Bytecoinは匿名暗号化のためのオープンソース技術であるCryptoNoteを使っています。

リング署名とワンタイムアドレスを利用し、ブロックチェーンの解析を不可能にするよう設計されています。

CryptoNoteは、ASICを無効にするために、CPUマイニングに重点を置いています。

2週間掘った結果

約7700BCNを稼ぐことができました。2017年8月25日現在、1BCN=0.00000032BTC、1BTC=476105円なので1173円の収益となります。

1年は52週間なので年間予想収益は30498円です。意外と悪くない結果だと思います。先日爆上げしたmoneroを掘っていたらもっと儲かったはずですし、仮想通貨はまだまだ値上がりするのでパソコン代くらいは回収できるはずです。

マイナーゲートは下のリンクから行けます。登録はメールアドレスだけで大丈夫。

ソフトも無料でダウンロードできます。もしGPU搭載パソコンがあるならマイニングに挑戦してみてくださいね!

さくらのVPSでマイニングしてみた

自宅でのマイニングはそこそこ儲かることが分かりました。すでにPCを持っている人はグラフィックボードを積むだけで黒字化できそうです。

そこで気になるのがVPS(仮想専用サーバ)では儲かるのか?VPSでのマイニングは儲かるのかも試してみました。

今回借りたプランの環境

さくらのVPS for Windows Server W768プランです。これから借りようとしている人に一応言っておきますが2週間のお試し期間がもらえるのはクレジットカード払いを選んだ人だけです。勘違いしないように気を付けてくださいね。 スペックはメモリ 768MB、SSD 30GB、CPUは Xeon X5675 3.07GHzの1Coreです。

ソフトは自作マシンの検証で使ったのと同じMinerGateを使いました。

VPSでマイニングをする3つのメリット

ネットワークエラーによるロスがない

自宅でマイニングをしているとインターネット接続が切れたままになっていることがよくあります。 所謂、機会損失というやつです。24時間マイニングに費やしたほうが良いに決まっています。 その点、常時接続のサーバーを借りるのは理にかなっています。

ブレーカーが落ちる心配がない

契約アンペア(A)数を超える電流が流れればブレーカーが落ちます。 私の場合2週間で3回も落ちました。 ブレーカーが落ちればパソコンの電源も切れ、マイニングも止まってしまいます。 冷蔵庫や炊飯器も止まってしまうので困ったことになります。 VPSならブレーカーが落ちる心配はありません。

電気代がかからない

VPSは月額課金なので電気代がかかりません。 そのため利益の計算がしやすいです。儲かったと思ったら赤字だったなんてことが起こりません。

クラウドマイニングを試してみた

クラウドマイニングとは、計算力を販売するサービスで、高性能なマシンを持っていなくてもマイニングで利益を得ることができます。

特別な知識が要らないという大きなメリットがあり、パソコンの知識が全くない人でもお金(少額でもOK)があれば始めることができます。

それから、クラウドマイニングは電気代がかかりません。なので、利益が出たと思ったら、電気代で赤字だったということがありません。

そして、一度投資資金を回収したら必ず黒字になります。追加の経費は発生しません。

クラウドマイニングの収益は?

モネロを1kHほど購入してみたのですが、毎日0.01XMRほど残高が増えています。(2018年5月現在)

これは、およそ1年で元本を回収できる計算になります。

マイニング報酬からメンテナンスフィーを払える限り、半永久的に続くのでかなり利回りの良い投資です。(注意:仮想通貨が暴落したら損をします。)

さらに、払われた報酬を再投資すれば複利で増やすことができます。 1か月に投資資金の8%が返ってくると仮定しましょう。(8×12=96)

毎月得た金額を再投資すれば1年後にはおよそ2.5倍になります。(1.08^12)

2年後には6.3倍、3年後には16倍くらいになります。とても夢のある話ですね。

まとめ

VPSでマイニングをした結果ですが、わざわざ収益の計算をする気になれません。というのもハッシュレートが低すぎです。CPU使用率100%でも30H/sしか出ません。

この倍くらいはいくと思っていたのですが、予想が甘すぎました。i5の2コアでも100H/s近く出せるので、CPUではなくメモリ不足が原因かもしれません。

おそらく1Gプランでも大して変わらないでしょう。VPSでのマイニングはあきらめたほうがよさそうです。

結論として、収益化を目指すならマイニングは家でやるか、クラウドマイニングかのどっちかです。すでにゲーミングパソコンや自作PCを持っているのなら、GPUを追加してマイニングリグにしましょう。

ノートパソコンしか持っていないなどの場合で、純粋に投資として考えるのなら、クラウドマイニングが良いでしょう。


Google+ はてブ

関連記事

MinerGateで掘れる仮想通貨(アルトコイン)まとめ
マイナーゲートでマイニングできる仮想通貨にはあまり知られていないコインも多いですよね?そこで今回はマイナーゲートで掘れるアルトコインについてまとめてみ...この記事を読む

ZcashをGPUでマイニング!ソフトの使い方など
Zcashをマイニングできる、EWBF’s CUDA Zcash minerを紹介します。このツールはCUDAなのでRadeonでは動きません。マイニングにはAMDのRadeonを使う人が多いです...この記事を読む

仮想通貨マイニングソフト「MinerGate」の使い方
PCだけで始められる、仮想通貨のマイニング方法、ツールの使い方を教えます。一般的には、1つのサーバーでたくさんのユーザーが協力してマイニングする「プールマ...この記事を読む

マイニングリグを自作してみた(パーツと組み立ての注意点)
仮想通貨の採掘(マイニング)用にパソコンを作ってみました。パソコンを組むのは二台目ですがPCケースを使わないのはこれが初めてです。様々な発見があったので...この記事を読む

pc-info.net
IT関係の話題について取り扱っているブログです。自作パソコン(マイニングリグ)や仮想通貨、それからフリーソフト、面白かったゲームなどについて書いています...この記事を読む

マイニングリグのGPUの発熱は暖房の代わりになる
今日は10月4日。早いもので2017年も残り3か月、この間正月だと思ったのに月日が経つのは早いものです。さて、今回はお得な話をします。これを読めば暖房代が無料...この記事を読む

サイドバーの簡単な作り方2通り・HTMLとCSSの設定方法
サイドバーの作り方を簡単に教えます。コピペして使えるようにHTMLとCSSのソースを示します。フレームを使う方法と使わない方法の両方について解説します。この記事を読む

GTP-Goban - SGFの棋譜に対応した碁盤ソフト
「GTP-Goban」は極めてシンプルな碁盤ソフトです。ややこしい設定を抜きにして囲碁を楽しめるように作りました。このソフトは、GTP(Go Text Protocol)対応のエン...この記事を読む

管理人について

金子

プログラミング歴9年、欲しいソフトはC言語で自作。C以外にもアセンブラ、JavaScript、VBScript、HTML、CSSが使える。

趣味はプログラミング、パソコンの改造、囲碁。最近、仮想通貨のマイニングにハマっている。

おすすめ

人気記事