ビットコインの今後を10人に予想してもらった結果

2018年のビットコインはどうなるのでしょうか。見通しを立てるために他人の意見を聞いてみようと思い、 ランサーズ で「ビットコインは今後どうなると思いますか?」と聞いてみました。

ビットコインを買うべきか迷っている方は必見です。

  1. キャッシュレス化に伴ってビットコインも普及
  2. 暴落は短期的な調整、ビットコインは再び高騰する
  3. 長期的には仮想通貨は普及
  4. 暴落したら買い時、ビットコインは成長を続ける
  5. 暴落をきっかけに新規参入者が増える
  6. 1BTC=1000万円以上も期待できる
  7. 暫くは100〜150万円台で推移
  8. ビットコインは衰退、他の仮想通貨へ
  9. 利益確定の売りが優勢か
  10. ビットコインは緩やかな上昇が続く
  11. まとめ

Google+ はてブ

キャッシュレス化に伴ってビットコインも普及

私は、まだ、ビットコインを購入したことがありません。だけど、ビットコインには、すごく興味があります。というのも、これからは、益々キャッシュレスの時代になっていくと思うのです。

給料を銀行から引き出して、財布の中に現金を入れて買い物をすることは、これから益々減ってくると思います。ATMに通う回数もこれからは少なくなると思います。

今でもマーケットで買う日用品も、食料品も私は、ほとんど使えるものはクレジットカードで支払っています。その方がポイントも付いて、そのポイントで、商品券に換えて、買い物をします。お得感があるからです。

この間テレビを見ていたら、ビックカメラもビットコインで買い物ができると言っていました。ビックカメラだけではなく、これから日本でも使えるお店が増えていくと思います。

現金で買い物をすることがこれからは、益々減っていくと思うので決済の仕方も変わってくるように思います。ビットコインは、インターネット上で使える仮想通貨の1つです。

インターネットで買い物をする人も若者を中心に増えています。私も、楽天市場でしょっちゅう買い物をしています。インターネット上で使える通貨、ビットコインなどの仮想通貨もこれからはアマゾンとか楽天市場とか使える日も近いように思います。だから、これからは、仮想通貨はもっと広まっていくと思います。

暴落は短期的な調整、ビットコインは再び高騰する

2017年にビットコインは爆発的な価格の高騰を記録していたので、新規で購入した人は多いと言えます。ですが2018年度に入り今後は暴落を続けていて購入したばかりのビットコインで損をしたという人は少なくないでしょう。仮想通貨データサイトによると1月22日午前のビットコイン相場は1万709ドルで24時間以内に8%以上も下落しています。ビットコインに限らず大半の仮想通貨が下落して損切り覚悟で手を引いた人も多いと言えます。

ちなみに過去1カ月分のデータを見るとビットコインは85%と所有していた人は損をしていることになりますが、今回の暴落は2017年度の高騰の反動であり、短期的な調整と言えるでしょう。

実際のところビットコインの暴落は初めてではなく9年前に誕生してから過去に何度か暴落していて、大きなモノだと2013年に1155ドルの最高値をつけた後に459ドルと半額以下まで下がっています。ちなみにビットコインは2011年以降でも3回以上、1週間以内に50%以上も下落していて大きな価格変動は珍しいことではないと言えます。

だから今後はまたビットコインは高騰してくると予想することが出来るので今損切りしてしまうのはリスクが高いと言うことが出来ます。なので価格が下がっても今はじっと我慢してまた上がってくるのを待つことをお勧めします。

長期的には仮想通貨は普及

去年の12月初頭には暴騰したビットコインでしたが、今年の1月17日には仮想通貨の全てが暴落してしまいました。普段そういった仮想通貨の取引をしていない人でも、ビットコインやその他の仮想通貨が暴落するとは予想していなかったはずです。

現在また少しずつ回復していますが、今後の予想が立てづらくなったのは事実でしょう。今回の暴落で、仮想通貨の取引、特に仮想通貨FXなどで1000万単位で損失が出た人達は、全く予想し得なかったのでしょう。あのビットコインが暴落?といった感じだったのでしょう。

私も、去年12月のビットコインの暴騰を聞いて買っておいて損はなさそうだという結論をしましたが、こういったことがあると少し考え込んでしまします。今回の暴落で仮想通貨から、手を引いたという人も多くいるようですが、中には長期的にみて、仮想通貨が衰退することはないといった見方をしている人もいます。私もそれに同感です。

仮想通貨の基本技術であるブロックチェーンは、他の多くの産業に良い影響を与えていますし、仮想通貨のシステムが今後、世界を変えていくのは間違いないと考えます。仮想通貨の元になっている技術が廃れない限り、仮想通貨そのものが今よりも衰退するはずがないと思っています。

暴落したら買い時、ビットコインは成長を続ける

世間をにぎわせているビットコインですが、広く認知され始まったの4.5年前のことです。マウントゴックスのニュースでビットコインは危ないものと言うイメージがついてしまいましたが、その後着実にビットコインはその価値を上げ、世間一般が騒ぎ出すほどの大きなものになりました。

ビットコインを売買する機関も増えています。一部のお店ではビットコインで買い物ができると言うところも増えているのです。

1月に入って暴落などによりビットコインはなくなるのではないかと言う噂されていますが、なくなるものではないと考えています。それは仕組みが非常に複雑である種、ネズミ講やマルチ商法のような形をとっているからです。ああいう商売がなくなるかといえばなくならないですよね。

むしろ暴落して値段が落ち着いた頃が買い時なのではないでしょうか。株で言うセリングクライマックスのような状態です。さらにビットコインがこれから成長するには各政府の承認が必要ですがそれも世の中の流れとともに承認されると考えています。

そう考えると1BTC=1,000,000円位は買いごろなのではないかと考えます。なぜならあまり高い値段になってしまうと手が届きにくくなるものだからです。

利用する人が増えれば増えるほどその価値は上がるはずなので、これからもビットコインは投機的な目標目的で成長を続けると考えています。

暴落をきっかけに新規参入者が増える

先日、ビットコインの暴落に関するニュースを見ました。そのニュースを見てまず一番に驚いたのが、「短期間の間によくここまで成長したな」ということです。ほら、ビットコインって、一時期、同時にいろんな問題が浮上したでしょ。あれがあって、再起不能になると思っていたんですけどね。どうやら、地道に成長を続けていたようですね。で、今回の暴落ですが…。

私は、今回の暴落はあくまでも一過性の現象に過ぎないと思っています。というのも、ここまで加熱したビットコインが、たった一度の暴落で冷めるとは到底思えないからです。むしろ、この暴落をきっかけにして、新規参入する方が増えるのではないでしょうか。

要は、今が底値だから、参入するのにうってつけの時期だと。多分、ビットコインに興味を持っている方の中には、これまでの上昇傾向に、ある種の警戒感を持っていた方が少なからずいると思うんですよね。だからこそ、二の足を踏んでいたのであり、今回の暴落はそういった警戒感を解くのに一役買うんじゃないかな。そんな気がします。

あと、冒頭でも述べた通り、いろんな問題が浮上したにもかかわらず、ここまでの成長を記録したビットコインであります。きっとまた立て直し、さらなる価値を見出していくに違いありません。

1BTC=1000万円以上も期待できる

ビットコインの今後についてですが去年は大いに高値になり200万越えなんてこともありました。今現在はその半値くらいを行ったり来たりしているので不安視される方も少なくありません。

ですが私はビットコインの価格は今後も上がり続けると思っています。その理由はチャートを見てもらえば分かります。実はビットコイン価値はここに来るまでずっと上がり続けています。

暴落するとか落ち目になるというチャートならば過去チャートよりも下がってたりするものですが、ビットコインに関しては下がってはいるものの過去チャートより下がってることはないんです。

つまり徐々にですが保有し続けてる方が増え続けてるとも捉えられるんです。

また、これから本格的に機関投資家の仮想通貨への参入が考えられます。これは値動きが激しくなりますが、長期的に見ても仮想通貨の保有者が増えるということは良いことでもあります。

そして何よりもビットコインという存在がこれからさらに広がりビットコインありきのサービスも増えるということもあります。ビットコインは1000万円を超えるなんて声もありますが、実際にビットコインのような仮想通貨、暗号通貨は今後当たり前になりますので1000万円以上も期待できるのではないかと思います。

暫くは100〜150万円台で推移

ビットコインは昨年末、過去最高値となる220万円となりました。今年に入りさらに上昇すると思われましたが、1月中旬に誰もが予想しなかった大暴落が起こり、一時は100万円台になるまで売られました。この事から判断できるのは、いくら時代に持て囃されたビットコインと言えども万能ではなく、常に上昇し続ける事はあり得ないということです。

これを踏まえて、2018年のビットコイン価格を予想するなら、1月下旬時点では120万円台で推移しているので、暫くは100〜150万円台のボックス相場となると思います。根拠はありませんが、投資する立場や新しくビットコインを購入する人は、キリが良い数字が好きなのです。ですから、目安となる100〜150万円ならバランスが良いと思えます。

しかし、このバランスが崩れて100万円を割るようなら、さらに下落する可能性が高まりますし、反対に150万円を超えたのなら勢いが増して、200万円台を再び目指して上昇する事も有りえます。株価や為替とは連動しないのが、これまでの仮想通貨やビットコインでしたが、今年はもしかしたら連動するかも知れませんね。日経平均などがさらに上昇したら、ビットコインも追随して上がるのでは、と個人的に思っています。どちらにしろ、100〜150万円を超えるか割るかが、大きな注目点です。

ビットコインは衰退、他の仮想通貨へ

私は仮想通貨であるビットコインは今後衰退していくと思っています。ビットコインは取引が多くなった分、取引の公平性がなく金持ちの人達が仮想通貨の価値を高めているだけのマネーゲームになっています。今のビットコインは新規で一から参入するのにはリスクが高すぎ、参入者が減っていっているのも事実です。

それにビットコインは仮想通貨の中ではバグが多く公正な取引を出来ていないように私は思います。例を挙げるとセキュリティの低さや取引に掛かる時間、通貨を紙幣に変える時間を見てもすぐに利益が上がるようなものに見えない点も上げられます。

新規の人が参入しても儲かっていたのは、取引する人がただ多いだけで金持ちが仮想通貨の価値をあげたからに過ぎません。安全なセキュリティや取引システムではないため、サーバーメンテナンスで取引が出来なくなったり古いビットコイン通貨が使用できなくなったりした問題もあります。

なので、私の意見では、草コインとかメジャーではない仮想通貨に切り替えてみるのも手だと思います。ですが、この方法にも問題があり草コイン等知られていない仮想通貨に誰が投資してくれるのかと言う問題です。

要は貨幣の価値を吊り上げなければ投資家は投資しないし、貨幣の価値の上がり方が急すぎる場合は投資をやめてしまう投資家も多いので難しいところではあります。

利益確定の売りが優勢か

先日、海外でビットコインの規制が強化され、ビットコインの価格が大きく下がりました。そのため、大きな損失を抱えてしまった投資家も多いでしょう。このようなことは、しばしば起こり、そのたびに、ビットコインの価格の乱高下が予想されます。

どのような投資対象であっても、大きく下がった際には、安く購入することを狙う人たちが現れます。そして、大きく下がった後に、再び価格が上昇することも考えられます。

ただ、こういった局面で購入する人たちは、少しでも利益が出ると考えたら、再び売却し、利益を出します。そのため、また、価格が下がることも考えられます。

人によっては、このような乱高下には耐えられなくなり、撤退するでしょう。そして、資金などに余裕のある投資家が残ることになり、価格が安定することも考えられます。そうなると、昨年末のような急上昇ではなく、じわじわと価格が上昇し、ある程度の価格になったところで急転し、再び下落すると思われます。

ビットコインに投資している人は、利益を出すことを目的としています。そんなことから、ある程度の価格になれば、利益確定のために売却するでしょう。そして、価格は下落し、流れについていけない人は、損失を出してしまうでしょう。

ビットコインは緩やかな上昇が続く

昨今耳にする機会が増えたビットコインですが、今後は今まで程高騰することはないのではないかと予想します。理由はまず第一にビットコイン以外のアルトコインの進化が目覚ましいことが挙げられます。

例えば日本発の仮想通貨ということで知られているモナコインはかなりの健闘を見せており、その特徴ある使用用途なども手伝って海外でも似たシステムを活用した仮想通貨が登場したほどです。このように仮想通貨自体への注目度が増している昨今だからこそ、ビットコイン以外の通貨が台頭してくるのではないかと考えるのです。

アルトコインが伸びればビットコインがかすんでくることもあるでしょうし、ビットコインの課題でもある送金スピードをカバーしたアルトコインが登場する可能性もあるのです。

もうひとつはビットコインに手を出す初心者が増えていることです。ビットコインは非常に有名な仮想通貨であるため、投資初心者なども目をつけやすい現状にあります。そのため軽率に手を出してみたは良いものの、様々な要因で起こる大暴落に混乱してしまい慌てて手放すといったことが起こりうると思います。そうするとより一層下落が進んでしまい、上昇の機会を逃すことに繋がる場合もあるでしょう。

リアル店舗などビットコインを活用できる場が増えるなどの理由で緩やかな上昇は期待できるかと思いますが、上記の理由から今まで程の高騰は見られないのではと予想します。

まとめ

こうしてみると強気の意見が多いですね。仮想通貨の普及は間違いないでしょうが、「ビットコイン」が現在の地位を守れるかは分かりません。

「イーサリアム」や「モネロ」など他の通貨(アルトコイン)も買って持っておくとよいと思います。

おすすめの仮想通貨取引所はCoincheckです。様々な種類の通貨に投資することができます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


Google+ はてブ

こちらの記事もどうぞ

ビットコインで儲けた体験談を5人に聞いてみた
ビットコインで儲けた体験談を5人に聞いてみました。どれぐらい儲かるのか?どうやったら利益を出せるのか?成功者たちの話を聞いて投資の参考にしましょう。この記事を読む

ブランド品をネットで簡単に売れる「ブランディア」
自宅に眠っているブランド品をどのように処分するかは大きな問題だと思います。一昔前は街中にある質屋さんに持っていったり、リサイクルショップに持って行くこ...この記事を読む

ゴルフ場を一人で予約するなら「1人予約ランド」
平日が休みでゴルフが大好きな私にとって今は欠かせないウェブサービスとなっているのがバリューゴルフが運営する1人予約ランドです。そもそも、ゴルフは4人が集...この記事を読む

自作PC(マイニングリグ)の電源を1000Wに交換してみた
マイニングリグのグラフィックボードを増設しようと思いましたが SILVER STONE ST80F-TIにはPCIEスロットが4つしかないのでできません。そこで思い切って1000Wの...この記事を読む

仮想通貨をマイニングで入手する方法
仮想通貨元年と呼ばれた2017年から趣味でマイニングをやる人が増えました。この記事では、マイニングとは何か?そしてマイニングのやり方を解説します。TwitterF...この記事を読む

幼稚園児が主人公のRPG「Moon Whistle」
私のオススメするフリーゲームは「Moon Whistle」(ムーンホイッスル)というRPGです。初めて世に出たのは1999年、当時主流だったRPGツクール95で製作されていま...この記事を読む

働き方改革で注目されているのはクラクドソーシング
世間では、働き方改革がトレンドになっていますが、今勤めている会社を辞めたいと思っている人も多いのではないでしょうか。やはり、その理由には終わりの見えな...この記事を読む

フリーの軽いペイントソフト「AzPainter2」
私がおすすめするフリーソフトはAzPainter2です。これは画像の編集や加工ができます。イラストを描くのにも使っていました。アドビのフォトショプのようなソフト...この記事を読む

マイニングリグ始動から5ヶ月が経過!どれくらい儲かった?!
気が付いたら本格的に仮想通貨のマイニングを始めてから5ヶ月が経っていました。2017年8月、マイニング専用マシンを作ろうと思いついてドスパラでパーツを購入。この記事を読む

どんな種類がある?メジャーな仮想通貨26銘柄をまとめてみた
ビットコインの一強時代は終わり、様々な仮想通貨が台頭してきました。でもビットコインとイーサリアムしか知らない!なんて人も多いかもしれないですね。主要な...この記事を読む

管理人について

金子

プログラミング歴9年、欲しいソフトは全部C言語で自作。C以外にもアセンブラ、JavaScript、VBScript、HTML、CSSが使える。

趣味はプログラミング、パソコンの改造、囲碁。モスバーガーと日高屋が大好き。最近、仮想通貨のマイニングにハマっている。

おすすめ

人気記事